バツ2以上の相手との付き合いについて

今は離婚・再婚も珍しい事ではなくなってきました。

 

芸能人なんかを見ていても、「バツ2」「バツ3」でも驚かなくなってきています。
でもいざ自分が再婚するとなった時、相手がバツ2だったらどう思いますか?

 

確かにその人自身の人格に魅かれたのであれば、バツ2だろうとバツ5だろうと関係無いかもしれません。

 

でもバツ2以上の人との再婚は、できれば慎重に考えてほしいのです。

 

バツ2以上再婚相手は、なぜ慎重にならなければならない?

バツ2以上の再婚相手との再婚を慎重に考えなければいけない理由は、以下の通りです。

 

その再婚相手自身に、何か結婚生活を続けられない理由がある

まずは再婚相手自身に何か原因があったせいでバツ2になった場合です。
例えばその再婚相手は、普通にデートやお付き合いをしている上では問題無いかもしれません。
でも結婚生活となると、離婚至るぐらいの何らかの理由があるのかもしれません。
例えば家事を全くしない、夜遊びがやめられない、毎晩のように友達を家に呼んでパーティをする、金銭感覚が変わっている・・・。
このような理由があったのなら、あなたと再婚しても、また離婚してしまう可能性があります。

 

人を見る目が無い、交友関係に問題がある

再婚相手自身に、離婚の原因が全く無かったとすればどうでしょう。その人自身には問題が無いから、再婚しても良いのでしょうか?
でもちょっと待って下さい。
もし再婚相手自身に問題が無かったとしたら、その再婚相手は、2度も問題のある人物と結婚してしまった事になります。
簡単に言えば、人を見る目が無い可能性が高いです。

 

それはおそらく、結婚相手だけではありません。
友達などの交友関係でも、問題のある人と疑いも無く付き合っている可能性があります。
いくら再婚相手としてあなたを選んで落ち着いたとはいえ、その後結婚生活を続けていく上で、最悪の場合詐欺などにひっかかる可能性もあります。

 

また、本人に原因が無いのにバツ2になっている場合、その人は自分の感覚だけを信じて、周りの人の反対を押し切って結婚をしてしまう傾向にあります
それは人以外にも、全ての生活において同じ傾向を持つ場合があるので、その後の結婚生活に苦労してしまうかもしれません。

 

 

結婚生活と言うのは、いざ一緒に暮らしてみないとわからない事が多いです。
再婚相手がバツ2以上の場合、再婚は慎重に考え、必要があれば長期間の同棲を経て相手を見極めるようにしましょう。